TOUGH HomePage
line
TOP line
PICK UP! line
邦楽
-Artist List
spaceLOOP THE LOOP line
洋楽
-Artist List line
インプレッション
-ディスク インプレ
-ライヴ インプレ
-バンド インプレ line
ライブハウス line
情報の投稿
The Street Beats
-公式ページ
by Tough Network.
space-BEATS HomePage
space-TOUGH HomePage

 第6回掲載 ディスクインプレッション(zさんより)
”down by low”〜LOOP THE LOOP〜
(ソニーレコード:SRCL4443,'99年1月21日リリース)

「小細工一切なし!」(CDの帯より)

 ここ何年かしばらく音楽方面から御無沙汰してたので、この数ヶ月は新譜、旧譜含めていろいろ聴きました、カッコいいのがいっぱいいて目移りしてしまう。その中でも候補を挙げると、トライセラ・トップス、グレープ・バイン、MAD3、ココバット、ゲルググ、ハイ・スタンダード、ギタ-ウルフ、香港ナイフ、BORIS、XARTS、・・・。なんだか、いろいろ入り混じってますが、上に挙げたバンドはもう既に人気があるし、音楽マスコミも取り上げているので、今回はLOOP THE LOOP(以下ループに略させてください)を取り上げる事にしました。
 このバンドに関する予備知識は実は全くなくて、たまたま、CD屋に平置きしてあったのを見たのが、初めてでした。アルバム・ジャケットがなんか見覚えがあるな、と思っていたら、なんと、あの往年の名パンク・バンド”ダムド”の1stアルバムのジャケットに似ていたのでした。あと、ギターウルフのディスク・インプレを書くときにソニーのHPを見たら、偶然にもループの宣伝をしていました。ものは試しという事で購入し、聴いてみたのですが、これがなかなかカッコイイ。昔のいわゆる”ビート系”の流れを組んでいると思うのですが、曲によって音の強弱のバランスがとても上手いと思いました。1曲目の”genjituβ”とシングル化されてる2曲目の”fed up !”はビートバンドの王道の雰囲気ですが、3曲目の”イヤホン”と5曲目の”流される人”最後の”ラーラ”はガラっと変わりますが、しっかり聞かせてくれる。
 帯の宣伝文句ではないけど「小細工は一切なし!」の一言。引き合いにしたくはないのですが、Wells,Bells等が好きな方にお薦めしたいです。一度、ライブも見に行こうと思いました。メジャー・デビューしたばかりのバンドですが、今年要チェックのバンドのヒトツです。

barnner barnner barnner barnner
line
(c) Copyright 1994-2011 Tough Network. All rights reserved.