TOUGH HomePage
line
TOP line
PICK UP! line
邦楽
-Artist List
spaceCOBRA line
洋楽
-Artist List line
インプレッション
-ディスク インプレ
-ライヴ インプレ
-バンド インプレ line
ライブハウス line
情報の投稿
The Street Beats
-公式ページ
by Tough Network.
space-BEATS HomePage
space-TOUGH HomePage

 第7回掲載 ライヴインプレッション(wildさんより)
1999・2・20(土) 吉祥寺ON AIR Planet☆K
COBRA "OPENNING CARNIVAL!!"

 暑い、Tシャツ1枚だというのに額から汗が出てしょうがない。ななめ前の高い所からエアコンが冷気を出しているがほとんど意味をなしていない、高音のギターが轟音となり頭の中が真っ白になりかけてる。すぐ目の前にはNAOKIが金髪のスパイクヘアーであの黒のファイヤーバードを楽しそうに弾いている。今、7年ぶりのCOBRAの活動再開である。
 この日はライブハウスのオープニングカーニバルの一巻として3バンドの出演で、チケットは当然SOLD OUT(二週間前にぴあで買った)。 トップバッターはGREEN DAYに影響を受けたであろう「SCAPEGOAT」、3ピーススタイルでギターソロは殆どなしで飛ばすがステージパフォーマンスがいまいちだな、ってのが正直な感想です。お次はこれまたRANCIDっぽい「The SECT」、目当てに来てる客もいるようでスカを取り入れたり、ノリはいいし、カッコええかな。そして、この日飛び入りゲストとして日本一”危険な”レーベル「殺人塩化ビニール」(チラシをもらったが「リング」の貞子の睨み付ける怖いシーンを使うあたり、かなりキてる)から「密売KGYダビットソン」の登場。デスメタルかハードコアかわからないナンバーはフロアを十分にあっためてくれた(Voが松本ハウスの加賀谷にそっくりだと思ったのは僕だけだろうか)。
 そして9割方の客の目当てを待つフロアは身動きできないほど人でごった返し、本能的に”やばいな”とこの時ちょっと感じた。S・Eが流れるとステージが見えないほど拳があがり、男達の野太い声が歓声をあげ、一斉にステージめがけてなだれ込んでいく。革ジャンを着込んだVo&bYOSU-KOとGのNAOKI、始めて見るDr,YOSHIROは紛れもなく高一の時、自分が最初にPUNKの洗礼を受けたCOBRAである。7年前のラストライブの渋公2階席で一緒に歌っていたのを思い出す、2度と見れないであろうバンドが狭い小屋で目の前にいるんだ。”LIFE A WAR" "WARRIOUS ROCK" "NEVER GIVE UP"等をインディーズ時代の英詩で歌うYOSU-KOは久しぶりのステージとあって楽しそうであった。バンドで解散、脱退などの経験をしたNAOKIも原点に戻ったように嬉しそうだった。MCでYOSU-KOが「まぁ、オレラも色々あったから...」と言うとすかさず「お帰り!」「待ってたよ!」などの声が飛び込む和やかな雰囲気だった(DOG FIGHT時代の「浪漫やれー」などとおふざけの声もあったが ...)"TOKIO RIOT" "ANIMAL STREET" "WORST MUSIC" "OiOi Oi"などの代表曲を演った時に自分はほとんど半狂乱状態に陥り、"Oi TONIGHT”の時は冗談抜きにぶっ倒れる寸前だった。このままだと絶対に吐くかもと思い、あと1.2曲だと感じていたが後ろに下がろりたいが人混みで下がれない。その時見かねたパンクスの人が「この人やばいから..」と周りの人に言ってエアコンの下まで連れていってくれた、ありがとう。だけどその甲斐むなしくラスト、ナオキの青春曲という時にどうにか真ん中まで戻り、そのまま終わりまで座り込んでしまった(心優しきパンクスの方、本当にすいません、周りの方も大変ありがとう)。
 アンコールの掛け声「ユナイテッド..」もむなしく、そのまま終わったが嵐が通過した様なフロアでしばらく座り込んで動けなかった。Tシャツはベットリ、革パンはパリパリになり、立ち上がると頭はズキズキするし、おまけに気持ち悪いしの最悪の状態だったがそれでもいい。COBRAのライブは7年前と変わらず暑い、COBRAがまた、あのメンツで戻ってきたと体験できただけでも来た甲斐があったてもんだ。今後はたぶんメジャーではなくラフィンと同じくインディーズで活動すろだろうがそんなことはどうでもいい(「男のパンク」という名曲が聴けないのは残念だが)、近年の復活ブームの中で一番大好きだった”男のOiパンク”が活動再開することに今はただ単純にオレは嬉しい。

おまけ:
最悪の状態だったがTシャツの換えを持ってきたのでどうにか助かり、風邪は免れたが頭がしばらく痛かった。ミツヒロさんには会えなかったが会っても口をきける状態ではなかった。次の機会にでも会いましょう。
ちなみにホームページは(3/20〜)はhttp:/www.cobra.co.jp/だそうです。(まだ開かないと思うのでアルバムは3/20に、ライブは3/20クラブチッタ川崎を皮切りに5/7の新宿リキッドまで全国22箇所を回る予定です。)

barnner barnner barnner barnner
line
(c) Copyright 1994-2011 Tough Network. All rights reserved.