TOUGH HomePage
line
TOP line
PICK UP! line
邦楽
-Artist List
spaceTHE STREET BEATS line
洋楽
-Artist List line
インプレッション
-ディスク インプレ
-ライヴ インプレ
-バンド インプレ line
ライブハウス line
情報の投稿
The Street Beats
-公式ページ
by Tough Network.
space-BEATS HomePage
space-TOUGH HomePage

 第37回掲載 ライヴインプレッション(やしさんより)
THE STREET BEATS TOUR1999−2000「GO FOR IT!」
1999年11月14日(日) 長野CLUB JUNK BOX

 まえがき・・・この日のライブに急に行こうと思ったのは、ちょっと精神不調というか、考える部分があったからです。(プライベートで)長野CLUB JUNK BOX、新しくできたライブハウスということで、場所が分からないので、いろいろTELにて確認。長野に電車で行くのは初めてだったけど「そんなにかからないハズ」と思ったが、行ってみてビックリ! 松本を過ぎた頃には、開場時間も過ぎていた・・・ 到着した時には、もう始っているハズが、客が受付の近くに大勢いる。チケットを買う際に聞いたら、「今からですよ!」すごい嬉しかったです。

 本編ここから↓ ※曲順等分かる方、違う所があれば、御指摘を!会場に入ると、やはり新しくて、キレイな感じ、それに禁煙・・・。 この日は前で見るつもりじゃなかったけど、隙間があるのでスルスルと前方へ。でも真中辺りは、やはり密集度が高いので、エンリケさん側へ。始まり前のBGMが流れ、客の会話も止んだがビーツコールが起こらない・・・一瞬、嵐の前の静けさという感じ、「出にくいだろうな・・」と思ったと同時に登場!! 『ONE NIGHT STAND』場内一気に大爆発!この曲で始まり、「ライブに来た〜」という感じで自分も一気にハイテンション!センター最前列(以後、鉄柵隊)は、しょっぱなからダイブ!『ヒロシマ』、『漂流少年』と続き、MCへ!「春に長野に来た時・・・・と思ったけど、今日はとても盛り上がってくれて嬉しいです。後ろの方の人も楽しんでってください。今回のツアーでやっている好評な曲を・・・」、『青の季節』に続いて、『こんな時代の真ん中で』この曲を聴いている時に、自分の中で何かがふっきれた気がした・・・そして『STANDING STANDING』待ってました!うーん、いい曲です。ステッカーも復刻して嬉しい!鉄柵隊、再びダイブ!続いて『LONESOME RAMBLE BOY』、初めて生で聴きました!最高です。自分はこの曲からビーツに入ったといっても過言じゃないくらい。SEIZIもすごい人だと思います。MC、「新曲について・・・」他。『GO FOR IT!』、『GET UP,VOICE UP』、自分は持ってなかったので、周りに合わせてのノリ・・・そして『十代の衝動』やっぱ名曲です。『街の灯』この曲も大好きです。『ESCAPE TO NOWHERE』、『FIGHT FOR YOURSELF』(←ちょっと不安・・)で、最後は『INNOCENTDAYS』、最高っす! すかさずビーツコールと思い叫んでみるが・・・、しばらくまばらなφKIコール、やがてビーツコールと思えば、途切れる・・・。それを繰り返すうちにアンコールで登場!!「呼んでくれた人達の為に戻ってきました。今日は集まってくれてありがとう、呼んでくれた人は、もっとありがとう。」これを聞いて、やっぱり叫ぶべきだ!と思った。やって当たり前という考えはオカシイ・・・。『REBEL SONG』、『HEY!WONDERER』と続き、最後は『BOYS BE A HERO』、場内大盛況!鉄柵隊、最後とばかりにバックでダイブ!!そして熱かったライブが終了・・ また叫んで見るが・・・・BGMが始まり、お客は出始める。「BGM=終了」という考えは、ちょっと淋しかった。でも十分によかったライブです。(欲を言えば、星降る夜にを・・) ビーツのライブに行くたびに、ビーツを好きになってる気がします。

あとがき・・・GO FOR IT!グッズを一通り買って、ドリンクを飲んで帰る時に出口の所で「THE FRONT OF ARMAMENT高橋組」の皮ジャン(龍信の皮ジャン)の人を発見!ちょうど今、「クローズ」を読んでいるので、声をかけようか迷ったが、終電の時間が気になり急いでたので、見合わせた。(手紙を書こうかな・・) 結局、終電には間に合わず、夜行列車で朝帰りでした・・・

barnner barnner barnner barnner
line
(c) Copyright 1994-2011 Tough Network. All rights reserved.