TOUGH HomePage
line
TOP line
PICK UP! line
邦楽
-Artist List
spaceKENZI&THE TRIPS line
洋楽
-Artist List line
インプレッション
-ディスク インプレ
-ライヴ インプレ
-バンド インプレ line
ライブハウス line
情報の投稿
The Street Beats
-公式ページ
by Tough Network.
space-BEATS HomePage
space-TOUGH HomePage

 第52回掲載 ライヴインプレッション (zさんより)
KENZI & THE TRIPS 2000年07月02日(日)渋谷屋根裏“ワンマンLIVE”

 「FEEL SO GOOD !! Bravo Johnnys !!」

 ああ、凄え、気分イイ。汗ビッショリだけど、いいんだ。

 LIVE後に仲間内と打ち上げとして呑んでるけど、こんなに呑んだのは久し振りだ。普段、余り呑まないけど、自分としては量がかなり多い。イイペースでもうレモンサワー5杯目だもんな。いつもなら呑むよりくっちゃべってるのに、今日は呑みながら話してる。俺じゃあないみたいにテンションが高い。それぐらいイイLIVEだったということか。

 俺にとってのライフワークバンド、KENZI & THE TRIPS のワンマンLIVE。昨年末のイベントで、数年振りに再会を果しワンマンも観てやる!と思いつつ、仕事の都合だ、その他モロモロの事情で今回まで長引いてしまった。その間には、JUN-GRAYの脱退、新ベーシストのシンヤの登場など話題には事欠かなかった。

 ご無沙汰してしまったけど、半年振りのKENZI、楽しみだ。当日は公認HPをやってるたかっぺさんがOFF会を開くというので、参加。はるばる北海道から上京された、たかっぺさんに感謝、会場を手配してうれたノブさん、ご苦労様です。OFF会はイイ盛り上がりでした。

 6時過ぎに屋根裏に到着。スデに入場開始していて、まばらながらお客が入ってる。思ったより女性が多いと感じたけど、気のせいか? 前回、KENZIとサノちゃんの間で散々、騒いだから正面、右側に陣取る。あれ?でも、マイク・スタンドが右側に2本、こりぁ、サノちゃん、左側かなあ? まあいいや、BGMのラモーンズを聞きながら始まるのを待つ。最初は少なめと思ったお客も始まる間際にはだいぶ入ってきた。年齢層もそんなに若い連中(タオラー)とかはいないな、ガーゼシャツとか、革ジャンとかいるし(笑)イイ感じ。7時になっても始まらず、たまらず「KENZI〜!!」と叫ぶ、が叫べど後が続かずむ、むなしい…いつものメンツも来てるから(Sちゃん、Wくん)叫ぶには構わないけど。それでも、10分位押しでオープニングが流れ、LIVEがスタート!

 オー!モウちゃん、リーゼント+サングラスがカッコイイぜ! マツハシ! 赤のTRIPS Tシャツ似合うぞー!(後でお会いすることが出来たが、本当にイイ人!)シンヤー!初めましてだあね、頑張れよー! あ、サノちゃん、髪切ったんだあ! ケンヂ~!! 飛ばしてくれエイ!

 初っぱなから“ROCK‘N ROCK THE ROLL”、“OH! MY CAT”、“世紀末CHILDREN”なんだもんなあ、同窓会モードの俺とSちゃんにとっては涙モノの選曲! “OH! MY CAT”の時にはノブさん、ケンヂに頭ナデラテタそうで、よかったですねえ、ニヤリ。それでこの後、“爆竹GIRL”もうこの時点で前方、盛り上がりまくり! モッシュ&ダイブ!俺の前にいた最前の女のコ! そんなにモッシュ食らうのが嫌ならちょい下がって見てなさい!! 別に好きで当たってる訳じゃあ無いんで! (押されているのよ…)

 “BOYS & GIRLS”は一応?大人になったオイラには「グッ」と来る曲、実際OFF会やっても最年長だし…でも、好きなバンドと年をとっていくのもいいよね?それでも基本的には歌詞にもあるけど、何も変わっちゃあ、いないんだよ!だから今でもKENZI & THE TRIPSを聴けるんだ!KENZI!あなたの声も聞こえるし、オイラの叫ぶ声も聞こえるよね!

 中盤でなんと“LOVE YOU”が! イントロを聴いた瞬間、オイラ半泣き状態だった。前のインプレにも書いたけど、「切なく、熱く、甘く、震える」多感な時期の1曲だから、感激もひとしおだった。しっとり聴かせたあとに隠れ名曲の“PUNK RECORDER”、(もっとLIVEで演ってくれ!)サビの部分の♪Ah‐、Ah−、Ah−、はもう合唱しないと。そして、そして御馴染の“CRAZY SUMMER”が! これはもう壊れるしかないでしょ(笑) 最後のサビの手前にKENZIが♪COME ON BABY !!  ってひとこえ掛ける時にマッちゃんとアイ・コンタクトを取るんだ、それでKENZIと間合いを計ってタイミング良くギターをギャンギャンギャンとかき鳴らすのだ! この間合いがメチャクチャカッコイイんだぜ!この究極の「間合い」を見たければ、LIVEに来て下さい。
 いよいよ終盤! “Bravo Johnny 〜”、“Turn of 〜”と続いていくのだ! 曲が終わってメンバーが引っ込んでもすぐさま“Oioioioi…”とコールが。で、すぐに出て来てくれた。アンコール1曲目はこれまた隠れ名曲の“OK! ALL RIGHT” 「カリスマ・ベース」シンヤのBassで始まるこの曲、この曲はね、歌詞が物凄くイイんだぜ! こういう気持ちってさあ、男なら誰でも1度は経験したことあるよね?って俺だけか?

 そして、“LOVE VACATION”この曲、結構好きな人が多かったみたいで、モッシュが激しかったなあ。サビの部分なんて大合唱だったし。

 これで終われる訳も無く、またまた“Oioioioioi…”とコールが起こる。オイラとSちゃんはひたすら「KENZI~!」「佐野チャ~ン!」と叫ぶ、ダメ出しのアンコール2回目。ここで8/1発売の中からの新曲は聴けた!多分“ニュースのおねいさん”だと思う。(サビがそうだった)

 LIVE終了、気分良かったあ〜! スゲー楽しかった!8月にリリースされるNEW ALBUM、それに伴うツアーもあるし、楽しみだぜ!!

SETLIST

1.ROCK‘N ROCK THE ROLL
2.OH! MY CAT
3.世紀末CHILDREN
4.爆竹GIRL
5.BOY’S & GIRLS
6.イノシシ列車
7.WOMEN DRINK ROCK‘N ROLL
8.THANK YOU VERY MUCH
9.LOVE YOU
10.PUNK RECORDER
11.CRAZY SUMMER
12.天国からの手紙
13.ナハナハ
14.Bravo Johnnyは今夜もHappy
15.THE Turn of Century Boggie Man

−アンコール−

16.OK! ALL RIGHT
17.LOVE VACATION

−アンコール−

18.ニュースのおねいさん

special thanx:takappeさん(KENZI & THE TRIPS 公認HP 管理人様)
         HONEYさん(同 HP 管理人様+set list 提供)
         ノブさん、SA‐Oさん、れーじさん、MAIちゃん、しんちゃん、
         wildっち、 and more …

barnner barnner barnner barnner
line
(c) Copyright 1994-2011 Tough Network. All rights reserved.