TOUGH HomePage

line
TOP line
PICK UP! line
邦楽
-Artist List
spaceCOBRA
LAUGH'IN NOSEline
洋楽
-Artist List line
インプレッション
-ディスク インプレ
-ライヴ インプレ
-バンド インプレ line
ライブハウス line

情報の投稿

The Street Beats
-公式ページ
by Tough Network.

space-TOUGH HomePage
space-BEATS ROCKER

-HIROKI HomePage

-STUDIO BAD COMPANY

 


 第87回インプレッション


  COBRA vs LAUGH’IN NOSE大阪キングコブラ 2004.9.4.(土)

COBRAとラフィンノーズの対バン・・・。4年前のパンクフェス以来で2バンドのカードってオレの中でありえないかったし、無かった。それがここに来ての好カードとなって大阪に行くことにした。都内でもやって欲しいけどPONさん曰く「大阪でやる事に意味がある・・・」。確かに。結局80年代のオレらはCOBRAから入ってラフィンを掘り下げたか、もしくが逆のパターンで通過したバンドなんで非常に楽しみである。伝説の日なるか!っつーかCOWCOWやるのかな・・・?
 前日の金曜日から夜行に乗って大阪に向かい、朝の10時にはもう大阪着いてました。電車の中で寝れず、漫画喫茶に逃げこんで寝ようと思ったがここでも寝れず、結局寝不足のままリポDを2〜3本飲んでアメ村ブラブラしながら過ごした。朝のうちは晴れていた大阪の空も台風の影響で夕立が凄かった。友達のホテル先に集まると15人ぐらいのパンクスが居た・・・、一向に雨足が弱まりそうもないので部屋で飲もうかってことで6人ぐらいで飲んでから、18時頃にKING KONGに向かう。ホテルを出たら雨も上がった。KING KONGの階段には人がぎっしり並んでいた(当日券待ちの客のようだ)。その横をすり抜けて前売りを頼んでいたスタッフの所に行って会場の中に入った。ドアを開けるとこれまた人がぎっしり!入ってますね〜、当然ロッカーは空いておらず(涙) 先にCOBRAが出演と情報は聞いていたので観戦モードでビールを飲んで待ってる。今の健全なムードじゃなくてピリピリとした緊張感が会場にみなぎってる。何か懐かしい空気だ。
 昔から使ってるSEが流れて客が一気に前に詰め寄る。毎回来てるボーダフォンのサッカーユニフォーム姿のYO-SUKOの「ハロー!」の一声からライブは始まった。1曲目は新曲「永遠ENDバスター」。そういえばCOBRAのライブは久しく観てないが、中盤で控えめに観てたけど関東では信じられないくらい盛り上がった!「ANIMAL ATTACK」「LIFE WAR」は後ろから観ててもフロアの床が抜けるんじゃないかと思うぐらいで圧巻だった、「Life is TRAVELING」は”おぉー、懐かしい。こんな曲もあったな”という思いで観て、「REAL NOW」は体がうずいてしょうがなかったよ。途中YO-SUKOのMCで「元気かー!?今日はトコトン行くぞ!」と叫んでたなぁ。5〜6曲ぐらいはいいライブだなぁと思いながら観てて突然「STAND STRONG STRAIGHT」が来た瞬間、オレは前に突っ込んだ。そのまま狂気乱舞しながら暴れて、久しく聞いてないスタンドストロングはCDで聞いてた時より速かった・・・。その後はもう涙モノのセットでオレの為に演ってくれたんじゃないかっていうぐらいで嬉しかった。「オレたち」なんか何年ぶりに聞いたか・・・。いい曲は何年たっても歌えるんやね〜。「Oi TONIGHT」ではアイコンタクトを使って、「シャンランランララ…Oi!」と友達が合唱し出すので一緒に歌ったらYO-SUKOもビックリした様子でノってました。そしてラスト「TOKIO RIOT」では我慢出来ずに今日初ダイブ。ここはステージと柵の間に隙間がないんでそのままステージに着地。しかし長旅の疲れかステージに上がった途端に足がガクってなってもう少しでKEIGOのドラムキット倒すとこだった(汗)ステージからまたダイブで戻ってふと見ると天上にブラ下がってるわでもう大変。曲間で間があるときにダイブで戻ろうとしたヤツに「落ち着け」とツッコミ入れてからオッサンPUNK バンザーイ!と叫んで終了。めっちゃ疲れた・・・、酸素薄いよこの小屋。暑くてしばらく動けずにいました。

01.永遠ENDバスター
02.WARROIRS ROCK
03.アニマルアタック
04.LIFE IS TRAVELING
05.REAL NOW
06.LIFE WAR
07.STAD! STRONG! STRAIGHT!
08.CAPRICIOUS WORLD
09.NEVER GIVE UP
10.リアルヘッド
11.オレたち
12.あの娘ハエイリアン
13.キャプテン・ニッポン
14.ロケットラヴ
15.Oi Tonight
16.TOKIO RIOT


 ステージでは一旦幕を引いて機材の入れ替え準備中。タバコ吸ったりして段々生気が戻ってきたような気がします。汗だらけになったシャツも着替える気にすらならない。20分くらいのブレークでラフィンお約束のSEがかかり幕が空いてスタート。「パンクの歴史を塗りかえるぜー!」でラフィンロールが始まる!!COBRAに比べると若干ダイブの数は少ないが盛り上がってる。曲間のブレイクでPONさん「珍しくソールドアウト!COBRAとキンコブに感謝!Hey!KASUGA!」とKASUGA「へいへ〜い、業務連絡。10月30日野音ワンマン、ヨロシク!」と続く。「SANCTUARY」やら「HELL HOME」はセット変わらないみたいやね。「I AM I」は久しぶりに聴いたような気がする。久しぶりに来た「R&R DESIRE」でダイブしてステージから客席に戻る時、腰から床に落ちて激痛が走った(汗)その後が真中で大人しく観戦。そしたらチャーミーの格好をさせた子供を親が肩車で突っ込んで来てみんな子供を支えてた。微笑ましいというよりオレは危ないなぁという目で見てました・・・。COBRAでみんなバテたのかわりかし淡々とステージは進んでいって「PARADISE」で一旦は盛り返し、「PONが歌うぜ」とチャーミーの紹介で「気狂いパピオン」と新曲を織り交ぜて「いつも心にあるんだPUNK〜」でもうバテバテっす。「10代のヤツいるか?」ってPONさんが客席に聞くと誰も居ねえ(笑)自分でも「ノドかなイントロだな」といって「THIRTY」を聞く・・・、この曲今は聞きたくねぇなあ(笑)だってもうすぐ30になるもん。「GO FOR IT」まで腰に多少の痛みを覚えながらノッて終了。
1,LAUGH'N ROLL
2.SANCTUARY
3.HELL HOME
4.I AM I
5.R&R DESIRE
6.DO WHAT YOU DO
7.HAVE SOME MAMIA
8.A SAIN REVOLUTION
9.TOM&JERRY
10
.PARADISE
11.NEKOMANMA
12.気狂いパピオン
13.PUNK ALLWAYS
14.THIRTY
15.COME COME COME
16.GO FOR IT
 
しばらく「Get!Get!Get The Glory」コールしたのちにPON、KASUGA、KEIGO、YO-SUKOが出て来る。おぉー!圧巻だねえ。しばらくステージ上で「COW COWはもう音源(?)がないんで出来ません」とかPONさんとYO-SUKOが大阪人らしく「久しぶりやねぇ〜」といいながらボケとツッコミをする。そして「OiOiOi」をおっ始めると客は嬉しそうに大合唱。無数の拳が会場を突き上げる。そして「Jimmy Dean」はイントロ出た瞬間泣きそうでした、ただYO-SUKOは歌詞をド忘れしてたけど。「オレ達ゃまだまだ路上にいるのさ!」というと「OnTheStreet」までやってくれた。YO-SUKOが「兄貴、兄貴」って言ってチャーミーが出て来て最後「Get The Glory」が始まる!会場のPUNKSは最後の力を振り絞ってもの凄いヒートアップ!終った後はしばらく動けませんでした。
E1,Oi Oi Oi
E2,ON THE STREET
E3,JIMMY DEAN
E4.GET THE GROLY

 いやぁ〜ホント気持ち良かったなぁ〜。いいライブを観れました!”vs”という意味でどちらに軍配を上げるとしたら今日はCOBRAやね。セットリストに感動もんです。っていうかこの2バンドだけで大感動です!ラフィンもコブラも、これまでにないくらいのパワーを感じて熱かった。会場のキングコブラに来ていた客のパワーと一体となって、ほんと鳥肌出るぐらい感動しました。ラフィンとコブラは、やっぱり兄弟なんやなぁと感じた素晴らしい大阪のライブでした。ラフィンもコブラも一旦は活動を止めてるけど現役で、それを観に来てるオレらも現役バリバリ!周りが”大人”になっていく中でオレも垢が付いたりして、ガキの年齢でも無いけど根本的なトコロで中身は変わってないよね?30代なんかまだまだガキだ。20代最後の夏にいい思い出が出来た。


barnner barnner barnner barnner
line
(c) Copyright 1994-2011 Tough Network. All rights reserved.