TOUGH HomePage

line
TOP line
PICK UP! line
邦楽
-Artist List
space LAUGH'IN OSEline
洋楽
-Artist List line
インプレッション
-ディスク インプレ
-ライヴ インプレ
-バンド インプレ line
ライブハウス line

情報の投稿

The Street Beats
-公式ページ
by Tough Network.

space-TOUGH HomePage
space-BEATS ROCKER
STUDIO BAD COMPANY

 


 第87回インプレッション


 LAUGH’IN NOSE 「GET SET GOAL TOUR FAINAL」
                                日比谷野外音楽堂 2004.10.30(土)

 雨。17年ぶりにあの野音にラフィンが帰ってくる・・・。当時の事は中学生だった俺にはリアルタイムじゃないけどそれでも「イースター」や当時の「宝島」を読むとラフィンの野音に対する気持ちは分かる。俺自身、聞き始めたのは解散辺りで初めてラフィンのライブを見たのはまだ再結成のAKIOが居た頃だから昔から聞いてるファンに比べて野音に対する思い入れとかはない。けど、17年前の付けなきゃいけない”ケジメ”を付けに今日、ラフィンは野音に立つんだろうと思う。。今年のラフィンノーズはツアーで「I SHALL RETUNE」を演ってから始まってこの野音一本で走って来たもんなぁ。最初、野音って噂が流れた時、誰もが「本当か?」って気持ちだった・・・ファンから観ても3,500人入る会場に集客問題もあったし、ワンマンでやるのか?って疑問だったしね。でも「GET SET GOAL」が出た時は意味深にみんな捉えた。「野音で解散・・・?」って考えたし。まぁ、12月のライブが決まってる時点でそれはないって事でホっとしたけどちょっと拍子抜けってのもありましたけどね。
  取りあえず今日は祭事だ。全国から集まったヤツら(バスポケのみなさん)と新宿で3時半ぐらいから飲み始める。居酒屋のハンガー掛けに集まった革ジャンが素敵だ(写真でも撮っとけば良かったね)。さすがにみんな現役でライブ通ってるヤツらだけの事はある。5時半頃に店を出て、会場は雨が止んでるとの情報を得て合羽も買わずに地下鉄で野音に向かった。野音の会場についてチケ出そうとすると「アレ?」無い・・・。PONさんから送られて来た黄色いプレミアムチケが・・・。明るいトコロでいくら探してもなくて、しょうがないから当日券買って入りましたよ(涙) 前売りのチケなくしたって言うと受け付けのお嬢ちゃん気の毒がってましたわ。BブロックからCブロックに変わっちゃったぜ。みんな革ジャン来てたね。雨、降ってるのに合羽も着ないでこの革ジャン率は嬉しかったわ。舞台装置はこれ以上ないくらいシンプルで誇らしげに掲げられたラフィンのフラッグのみが自己主張するようにあるだけだ。自分の席を見付けて荷物置いてビール買いに行って後ろでタバコ吸ってる最中にPONさんが出て来て今日の注意事項を一通り読んだ。「見ての通り下はコンクリートで動きません、ダイブ・モッシュ等は”一応”禁止です」一応って・・・(汗)。一言一言に観客が暖かい声援送ったりしたのが良かったな。「・・・皆さんの意識、行動力を信じLAUGH’IN NOSEと共に最高の空間を作りましょう」今日の野音を絶対成功させたいって意気が伝わって来た。読み上げが終ったら深々と頭下げた。 

 5分もしないウチにいつものSEファンファーレが鳴り、今日だけは歓声が凄かった。写真でしか見たことない白いジャケットのチャーミーが「ラフィンの野音が始まるぜーっ!」でライブは始まった。1曲目は「YA-YA-YA」で今のラフィンを見せてくれて嬉しかった。俺はいつものライブハウスとは違って暴れないけど1曲目から80’sのメジャーなノリ方で踊ってました。立て続けに「♪C'MON! C’MON!」と歌えばラフィンの世界でどっぷり遣ってガンガン楽しめた。白いジャケットを脱いでいつものガーゼシャツに戻るチャーミーの横で、PONさんが「ROCK!」とポンさんが一言歌っただけで手を叩いて会場全体で歌った。後で聞いたんだが1曲目から「HELL HOME」「SCENE DEATH」、「CRAZY SATURDAY NIGHT」までが17年前のセットリストだったんだね。道理で客の反応も良かったワケやね☆個人的に「CRAZY SATUDAY NIGHT」は初めてライブで聞けて嬉しかった。フト後ろを見ると正直客席の後方がガラガラだった。でも、久しぶりにラフィンを観に来たファンの気持ちは17年前に戻ってただろう。会場全部で拳を振り上げてた光景は素晴らかった。チャーミーの短いMC(「伝説の夜にするぜー!野音まだまだ行くぞー!」って内容だった気がする)から再結成してからの「CRASHED OUT」「LAUGH'IN ROLL」等飛ばして行って「DO WHAT YOU DO」ここでなんか少し客おとなしくなったな。ステージのPONさんはトコロ狭しと動き回って広いステージを楽しんでるようだったけど。そして「PONが歌うぜ!」ってチャーミーの紹介で照明が青になって「気狂いパピヨン」をやった。「I AM I」Iまたここで大盛り上がり、雨が強くなって来たけど全然気にしてません!PONさんのMC「人生って長いようで、本当に長いよね!いつも本気で生きてりゃ長いんだよ!」」そしてチャーミーの「野音!良い歳取っていきましょ〜!」 ”THIRTY”で思いっきり3本指を上げて歌いました。ええ、もう30になりましたから!「いつも心にあるんだPUNK」チャーミーのMC「PUNK ALWAYS」はずっとライブハウスで聞いてたから新鮮だった。「ラフィンの子供達に捧げるぜ〜」と「I CAN'T TRUST A WOMEN」は何故かみんな弾けた。下は水溜りが出来てたけどそんなのお構いなしに跳ねてた。ステージをフト見るとあれ?PONさんが居ねえ?と思ったら前の通路を弾きながら歩いてた!ステージの中央から戻ってサムピッキングの間で”バンッ!”てマグネシウムが上がる。これにはちょっとビックリ。そして絶妙のタイミングでKASUGAのリフが飛んできて「BROKEN GENERATION」。たぶん、この時堪え切れずに席を離れて通路側で踊りました。水溜りで跳ねてズボン濡れたけど後悔してないです。ラストは「上がってくれ!GO FOR IT!」のチャーミーのシャウトで〆た。BメロのトコロでPONさん「ありがとう!野音!」。
  ここで一旦引っ込んで、ほとんど待たせずにメンバー登場。「今日のためにPONが書いた曲です。レクイエム・・・」とこの日唯一のミドルテンポの曲「GET SET GOAL」を。直立不動で聞いて切なくなった。蒼の照明の中、雨がすごく似合った。

 帰る場所があるのさ ずっと待ってるヤツがいるのさ 何もキツくはない・・・

  KASUGAがYOSSYが引っ込んでチャーミーが「今日はみんなビックサプライズがあるぜ!!ハハッ」もう噂は流れてたんで何となく想像出切る(^^;)「ドラム!マルーっ!」ドレッドヘアーを止めて革ジャンを着たMARUがステージに走ってくる。「マルーっ!マルー!」とみんなもMARUに声援を送り、手を上げて応える。「もう一人、ギター!NAOKI!」MARU以上にすごい声援で赤いシャツを着ていつもの立てた金髪でNAOKIが出てくる。みんなこれを待ってたんだね。やっぱりこの4人で野音に立たないと本当のケジメは付けられないと個人的に思った。チャーミーが「お前等の曲や!」と言ってNAOKIがあのフレーズを弾く。それだけで興奮した!「♪OH〜OH〜YOU’RE PARADISE・・・OH〜OH〜YOU!PARADISE!」ステージ上の四人は嬉しそうに演奏してた。正直、MARUのドラムは現役を離れてたせいか上手いとは言い難いがそれでも構わない、そんなMARUのトコロにPONさんは必要以上に近寄っていた。やっぱりこの4人はラフィンや。そして「聖者が街にやってくる」を当時のアレンジで演奏した。この時、MARUの片手を上げて叩く仕草を見た時はよけいに嬉しかった。そして、ギターソロの時、KASUGAには悪いがNAOKIの方が華があると思ってしまった。夢の時間は終り、メンバーは引っ込んいく。しばらく「Get!Get!Get The Glory」コールしたのちに出てきて、チャーミーが「先に逝ってしまった3人に捧げます」と全員でGET THE GLORY
を一段と激しくなった雨の野音で歌った。PONさんも「もっともっと!もっと声出せるやろ!」客を煽り、チャーミーもステージから客席に降りて歌ってた(記憶があります)。
 メンバーが引き上げて行き、少数の「Get!Get!Get The Glory」コールがあったが早々とスタッフの機材片付けが始まる。時間はまだ8時ぐらい・・・。短い!でも、余韻に浸るようにBGM「R&R サーカス」で椅子の上に立って俺は歌って踊ってました。観ると周りも何人か明るい顔で雨の中踊ってました。知り合いだと思って肩を叩いたら全然知らない人とも握手をした。たぶん、みんなの笑顔が今日のライブを全て物語ってると思います。
 ラフィンもこれで一応、区切りは着いたのかな。今はただお疲れ様と”ありがとう!”と言いたいです。またワンマンで俺達の前に戻って来た時が楽しみですわ。そして、今日、野音に来た人達がどれだけハコに足を運んでくれるかも期待したいな。

  長い旅(人生)の途中でラフィンに会えて良かった!

1. YA-YA-YA
2. C'MON EVERYBODY C'MON
3. R&R DESIRE
4. HELL HOME
5. SCENE DEATH
6. CRAZY SATURDAY NIGHT
7. CRASHED OUT
8. LAUGHIN' ROLL
9. DO WHAT YOU DO
10. A SAIN REVORUTION
11. I AM I
12. 気狂いパピヨン
13. THIRTY
14. PUNK ALWAYS
15. I CAN'T TRUST A WOMEN
16. BROKEN GENERATION
17. GO FOR IT
18. GET SET GOAL
19. PARADISE
20. 聖者が街にやってくる
21. GET THE GLORY

 

barnner barnner barnner barnner
line
(c) Copyright 1994-2011 Tough Network. All rights reserved.